1994年創刊 地域情報紙『シンヴィング』の編集スタッフが作る情報サイト

スプラウト栽培

スプラウト栽培

2022.02.08 13:33comment(0)

畑の作物が寂しいこの時期、室内で「スプラウト(新芽野菜)栽培」を楽しんでみてはいかがでしょう。
水やりだけで栄養価の高い食材が手軽に作れ、短期間で収穫できるのも魅力です。
グラスなどで栽培して、お部屋のインテリアとしても楽しめます。

用意するもの

容器(イチゴの空パックやグラスなど)、スポンジやキッチンペーパーなど、お好みの種子

※種子は、かいわれ大根、かいわれブロッコリー、マスタード(からし菜)、ロケットサラダ(ルッコラ)、そば、レッドキャベツなど、スプラウト専用のものを用意しましょう。

栽培方法

①種子をまく:容器の底にスポンジなどを敷き、水を入れてしっかり濡らし、その上に種子が重ならないように蒔きます。

②発芽させる:暗い場所に置き、種子に霧吹きなどで水を与えます。
根が張ってきたら容器に水を注ぎ、毎日水を取り替えます。栽培に適する室温は20~25度です。

③日光に当てる:5~6cmに伸びたら日当たりのよい窓際などに置き、日光に当てて緑色に育てます。緑化させると栄養価も高くなります。
初めから日光に当てると生長が止まるので、必ず収穫の2~3日前からにしましょう。また当て過ぎるとしおれることがあるので注意してください。

④収穫:1週間~10日ほどで収穫できます。必要な量だけを切り取って使いましょう。

コメント
 

現在クチコミはありません。クチコミお待ちしております。