1994年創刊 地域情報紙『シンヴィング』の編集スタッフが作る情報サイト

心温まる音楽隊「つくばみらい♪ほのぼの音楽隊」

【つくばみらい】心温まる音楽を届ける「つくばみらい♪ほのぼの音楽隊」

2023.08.18 12:15comment(0)

マイノリティもマジョリティも互いに理解しあい、助け合う社会を目指して
つくばみらい市を拠点にして活動している「つくばみらい♪ほのぼの音楽隊」。

地元のイベントでも見掛けたことがある人もいるかもしれませんね。
そんな「ほのぼの音楽隊」の活動を伺うべく
メンバーの皆さんを取材させていただきました!

代表の大内仁子さん

お会いするや否や、そのパワーを感じる代表の大内仁子さん!
「ほのぼの音楽隊」の活動や、団体を立ち上げた経緯を熱く語っていただきました。

主な活動は、高齢者福祉、障がい者福祉を目的とした出張歌バンド。
依頼があれば、楽器や音響機材を持ち込んで出向き、音楽会を開催されています。

賛同してくれる仲間をスカウト!

音楽で心を一つにする活動がしたい!
大内さんが団体を立ち上げたのは2011年。
市民ボランティアとして活動していた中、たまたまテレビで見たイギリスの合唱団指揮者の
ギャレス・マローン氏に影響を受け、自らも

「音楽で心を一つにする活動がしたい!」

と思われたそう。
とは言っても、音楽に関してはピアノを習ったことがある程度だったという大内さん。
はじめは楽器をアンプにつなぐことも分からないレベルだったところ、

「そうだ!音楽に詳しい人にメンバーになってもらおう!」

と思い立ち、

ボランティア仲間やその仲間、、、、と音楽隊メンバーのスカウト活動を開始。
そんな中、ゴスペルクワイアで活動をしていたShihoさんに声を掛け、
学生時代にバンド活動をしていたYoshihisaさんが加わり、
徐々に賛同してくれる仲間が増えていったそう。

パーカッション担当のShihoさん
目の不自由な方に広報などを音訳する「朗読ボランティア かたくり」代表
「アイデアマンの大内代表の想いを何とか実現したい!というメンバーが集まって活動しています」

ギター、三線、ウクレレ担当 元バンドマンのYoshihisaさん
親子料理教室の講師ボランティアをしていた際にスカウト
「音楽会では、自分たちは主役ではなく盛り上げ役ということを忘れないようにしています。
“一人でも誰かの心に届くように” という想いはメンバーみんな一緒です」

こうして、まずはコアメンバーを募り、加えて協力メンバーを増やしていこう!
と考えながら団体を立ち上げるに至ったそう。

耳の不自由な方へのボランティア活動をされていたNaomiさんは


「音楽会の時に字幕スクリーンがあれば、もっと楽しめる人が増えるよ!」


と提案したところ、Naomiさん自身、歌が歌えてピアノも弾けるということで、
そのまま音楽隊のメンバー入り!

歌もピアノもダンスも得意なNaomiさん
つくばみらい要約筆記の会 代表
「障がいがあっても無くても助け合える社会にボランティアグループどうし、
 横のつながりができるような活動もしたい」

こうしてグイグイと仲間を増やしていく代表の大内さんの求心力は、
「ほのぼの音楽隊」への熱い想いがあるからこそだと、取材を通して実感しました。

夫婦ともに数々のボランティア経験があり、
夫のYoshioさんと動画撮影するなど活動の記録係をしていたSachikoさん。

ハーモニカが吹けることもあり、メンバー入り。
「音楽隊メンバーは、世代を超えて関わることができる大切な仲間です」

世代も地域も団体も超えて 音楽でつながろう!

ほのぼの音楽隊は、つくばみらい市の社会福祉協議会主催のイベントや、
地域のイベントに参加し、音楽を通した交流をしています。

それぞれの会場で楽しんでもらえるように、会場に合った選曲や構成、
演出の準備、配布用歌詞カードの作成や、メンバー用楽譜の作成などもして準備をするそう。

取材に伺った日は「エビカニクス」の音合わせと振り付け合わせをされていました。

音楽会では、マイクを参加者に向けて歌ってもらったり、楽器を触ってもらったり、
参加型で一緒に楽しめる工夫も。

そんなオリジナリティ溢れる音楽表現や
ステージパフォーマンスが魅力の「ほのぼの音楽隊」。

「世代も地域も団体も超えて音楽でつながろう」

という想いでライブ活動をされています。

今後もつくばみらい市を中心に、放課後デイサービスや高齢者施設、
幼稚園や保育園を訪問し、
歌を通した交流を予定しているとのこと。

取材当日には、クリスマス期間の「きらくやま」での野外ライブの打ち合わせもされていました!

バイタリティに溢れる代表の大内さん。

「活動を通して自分が救われたことの方が大きい。メンバーはもちろん、施設の皆さん、
参加者の皆さん、関係者の皆さんのおかげで続けることができました。
協力メンバーの一人でボーカルのChiekoさんは、その歌声で多くの方を魅了してきました。
今、空の上で歌う彼女にも感謝を伝えたい。」とのこと。

「この活動を始めて12年目になります。始めた当初は、こうしなければならない、
という想いの方が強かったけれど、これからは、自分たちが楽しく、
そして周りの人も楽しくなれるのが理想です」

とおっしゃっていたのが印象的でした。

参加者や来場者と「一緒に楽しめる」ことを目標にしたほのぼの音楽隊の活動に、
これからも目が離せません!

「きらくやま ふれあいの丘」でのクリスマス野外ライブの様子 2022年12月

耳が不自由な方でも楽しめるように字幕スクリーンも用意。

つくばみらい♪ほのぼの音楽隊
連絡先/0297-25-2101(つくばみらい市 社会福祉協議会)

投稿者プロフィール

HK
HK
守谷市在住、3姉妹を育児中。
グルメ、美容、ファッション、音楽、ショッピング、広く興味あり。
最近のブームは、朝イチのラジオ体操で1日元気で居られるような気がしていること。

関連記事

窓ガラス拭きはお早めに

2022年11月21日 14:04comment(0)

冬の芝生の手入れ

2022年02月16日 15:24comment(0)

照明器具のお手入れ

2023年01月24日 11:17comment(0)

コメント
 

現在クチコミはありません。クチコミお待ちしております。

コメントする

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

CAPTCHA