1994年創刊 地域情報紙『シンヴィング』の編集スタッフが作る情報サイト

【取手】ついに取手に出店‼とろとろやわらかな生わらびもち

【取手】ついに取手に出店‼とろとろやわらかな生わらびもち

2022.10.14 14:00comment(0)

こんにちは、ライターのヨシです!

多くの方が一度は食べたことがあるであろう和菓子の代名詞「わらび餅」
しかし、ここのわらび餅を知ればこれまでの常識を覆されること間違いなし!

そのお店の名前は『とろり天使のわらびもち』
全国的に出店を続けており、様々なメディアでも特集されているので
ご存じの方も多いのではないでしょうか?

そんな話題のお店が、今年の8月に取手にオープンしたとのことで早速取材に
お邪魔してきました!

関東鉄道常磐線戸頭駅から車で5分程(1.5km)の場所にあり、宮ノ前ふれあい公園のすぐ近く
に位置しています。

さすがの人気店、到着時には何組かのお客様が来店されており次々と商品を購入
していきます。

落ち着いた頃合いに店内に入ると、店長の平山さんがお出迎えしてくれました。
オープンからそれほど経っていない忙しい時期にも関わらず、お店について詳しく説明して頂き感謝です!

こちらで取り扱っている商品は全部で3種類、それぞれ異なるフレーバーもあるのでとても一度では味わえません。

そんななか、今回は人気のものをピックアップしていただくことに!
まずはなんといっても一番人気の「とろとろ生わらびもち」、おすすめの「和三盆」&「あずき」の2種類をいただきました。

口に入れるとやわらかな食感で、あっという間にとろとろに溶けてしまいます…‼
爪楊枝では持ち上げることができない究極の食感と優しい甘さの香りがたまりません。

その秘密は「本わらび粉」というワラビの根からわずかな量しか採取できない
希少な素材を使用している点や、食材を独自の配合や製法でとことんこだわって作り上げているから!

初めて食べる方は間違いなく、驚くことでしょう。

あずきは生地に練り込まれている小豆がアクセントになっていて、変わった食感が楽しいフレーバーです!

その他にも、わらび餅を生クリームなどとともにドリンク感覚で楽しむことができる「飲めるわらびもち」、わらび餅の上に生クリームがのっていてプリンのように
スプーンですくって食べる「クリームわらびもち」も非常においしいのでお試しいただきたいです!

「とろとろ生わらびもち」はしっかりとしたロゴ入りの箱で販売しているのでお土産やプレゼント用として購入するにもぴったりですが、平山さんは「ちょっと良いことがあった日や、普段の自分へのご褒美として食べていただきたいですね。」と仰っていました。

皆さんも、甘さで幸せな気持ちになれるお店「とろり天使のわらびもち 取手店」に足を運んでみてください!

店名:とろり天使のわらびもち 取手店
住所:〒302-0034 茨城県取手市戸頭3丁目1−2
電話番号:0297-63-5777
営業時間:10時00分~19時00分(不定休)
公式HP/【公式サイト】とろり天使のわらびもち (torori-tenshi-no-warabimochi.com)

 

投稿者プロフィール

ヨシ
ヨシ
お米と日本茶がだいすき。

出身地である茨城県の良さを
ひとつでも多く発信できるよう
駆け回ります!

趣味はスニーカー集めと温泉地巡り。
温泉に入ったあとにスイーツを食べる
のが一番の至福です。

関連記事

コメント
 

現在クチコミはありません。クチコミお待ちしております。

コメントする

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

CAPTCHA