1994年から続く地域情報紙『シンヴィング』の編集スタッフが作る情報サイト

冬の芝生の手入れ

冬の芝生の手入れ

2022.02.16 15:24comment(0)

一見、茶色く枯れているように見える冬の芝。でも春になるとしっかり生育を始めます。

その前に「目土」を入れてあげましょう。
目土入れの前には草やゴミなどを取り除き、エアレーション(※)を済ませておきます。

目土は堆肥と腐葉土を庭の土に3割ほど混ぜて作ってもよいですが、ホームセンターなどでは芝生用目土が売られています。
目土を均等な厚さにするために、風のない日に作業をします。
厚さ5mm~1cmくらいになるように、ふるいで丁寧にまいていきましょう。

また、暖かい地方ではそろそろ雑草が生えてくる時期です。
この時期に雑草を根からしっかり抜いておくと、春以降の雑草が少なくて済み、除草剤の使用も最小限に抑えることができます。

※エアレーション・・・専用の道具で地面に穴を開ける作業。地中に空気を供給したり、古い根を切るなど芝生の活性化のために年に数回行います。

コメント
 

現在クチコミはありません。クチコミお待ちしております。