1994年創刊 地域情報紙『シンヴィング』の編集スタッフが作る情報サイト

つくばみらい市って住みやすい? |つくばみらい市の住み心地や土地価格について

つくばみらい市って住みやすい? |つくばみらい市の住み心地や土地価格について

2022.01.19 16:07comment(0)



茨城県の南西地域に位置するつくばみらい市は、旧伊奈町と旧谷和原村が合併してできた街です。
つくばエクスプレスが開通し、首都圏から片道40㎞という好立地であることから、都心からつくばみらい市に移住してくる方も増えています。

この記事では、つくばみらい市の魅力とともに、移住を決めた理由や体験談、移住後の口コミなども詳しくご紹介します。土地や住宅購入を検討しているかたは、ぜひ参考にしてください。

つくばみらい市ってどんなところ?

大きな幹線道路が通るつくばみらい市は、茨城県の中でも都心に近いエリアに位置しています。人口や世帯数などの特徴をご紹介します。

人口

つくばみらい市の総世帯数は21,554世帯、人口は男女合わせて52,336人です(2021年11月現在)。人口は10万人未満ですから、比較的にゆったりとした人口密度といえます。
とはいえ、毎年人口が増加傾向にありますので、住みやすい街として評価されていると考えられます。

世帯の特徴

人口年齢をみると、15歳以下の人口割合が多くなっており、子育て世帯が多く居住しているといえます。

意外と便利で住みやすい! つくばみらい市が人気の理由

つくばみらい市は、立地として首都圏地域と隣り合わせではありませんが、交通も便利で意外と住みやすい環境が揃っています。

意外と近い! 都心まで40分

つくばみらい市には、TX(つくばエクスプレス)と常総線のふたつの鉄道が走っています。特にTXを利用すると都心からはわずか40分で移動できるため、通勤圏内ともいえます。
実際に、終着駅となるつくば駅に東京から通勤・通学で利用している方は多く、郊外のベッドタウンとして人気があります。

直売所に朝市、地元の新鮮野菜がお買い得

農業が盛んなつくばみらい市では、地元の新鮮野菜を購入できる「あさのいち」を毎月第一土曜日に開催しています。
若手の農業従事者が中心となってSNSでも積極的に情報発信を行っています。気になる情報はスマホから確認できてとっても便利です。

高速のインターがあり、週末は家族でドライブ旅行も

つくばみらい市には、常磐自動車道の谷和原ICがあります。都心から常磐方面に伸びる主要な高速道路で、家族でレジャーに出かけるときも便利です。
常磐道では、海沿いの景色を眺めながらのドライブも楽しめます。

【口コミ情報】つくばみらい市への移住者&つくばみらい市の住民が語る、地元つくばみらい市の魅力

  • 30代女性
    守谷市にもつくば市にも近いので、買い物が便利です。
    住むのはのどかな郊外でゆったり、レジャーや買い物には車や電車で少し移動すれば近隣にオシャレなスポットもたくさんあって、住み心地はとても良いと感じます。
  • 40代女性
    今は一般公開がなくなってしまいましたが、ワープステーション江戸という時代劇や大河ドラマでよく使われる撮影所があります。
    知り合いがエキストラに登録していて、キャスト欄に「つくばみらい市のみなさん」とテロップが出ていると、知人が出ているのではないかと探してしまいます。
  • 40代男性
    ゴルフ場が近くにたくさんあり、芸能人もたまに見かけます。ゴルフのメジャー大会(サロンパスカップ)も開催されています。
  • 60代男性
    私はカーユーザーですが、市内に高速の出入口(谷和原IC)があるので、広域の移動に便利です。
    出入口付近の国道294号線の混雑を緩和するために、つくばみらいスマートインターチェンジを新たに作る計画もあるのだとか。実現したらますます便利になりそうです。
  • 60代女性
    毎年8月に綱火というユニークな伝統芸能があります。あやつり人形と花火を組み合わせたもので、空中に張り巡らせた綱のうえでお囃子に合わせて武者人形が舞います。
    国の文化財にも指定されていて、遠方からわざわざ見に来るお客さんもいます。

ユニークな支援がたくさん! 移住先として人気のワケ

TX(つくばエクスプレス)の開通をきっかけに、若い子育て世帯が増加しているつくばみらい市は、2015年時には出生率が県内NO.1という実績があります。
自治体のユニークな子育て支援が充実しており、人口増加にもつながっています。

引越し・住居の費用をサポート! 「結婚新生活支援補助金」

「結婚新生活支援補助金」は、一定の要件に該当する新婚家庭に対し、住宅取得費用、住宅賃貸費用、引越し費用として最大30万円が補助される制度です。
夫婦ともに婚姻日時に39歳以下であること、住宅がつくばみらい市にあることなどの要件があります。賃貸費用の場合でも補助されるため、結婚を控えた方はぜひ活用したい制度です。

子どもたちが大喜び! 「サンタさんをおうちに呼ぼう」

クリスマスイブに自宅にサンタさんが来てくれる、夢のようなイベント「サンタさんをおうちに呼ぼう」が実施されています。
対象は小学3年生までの児童で、ブレゼントは各家庭が準備したものをサンタさんが無料で手渡ししてくれます。子どもたちにとっては思い出に残るクリスマスになるでしょう。

家庭菜園を応援! つくばみらい市の「市民農園」制度

野菜農家が数多いつくばみらい市では、市民を対象とした「市民農園」制度を行っています。大規模な農園を約130区画ほどに区切り、1世帯1区画(約30㎡)として家庭菜園が楽しめます。

利用料は年間5,000円と良心的な価格です。季節ごとの野菜を植えて育成から収穫まで1年を通して農業体験ができます。
自分で育てた野菜の実りは、喜びもひとしおではないでしょうか。同じように野菜を育てている方々との交流も楽しめます。

若い子育て世代が急増! 充実の子育て支援サービス

つくばエクスプレス開通は、新たな子育て世帯の移住を促進させました。
実際につくばみらい市の人口年齢も、若い世帯が増加し変化しつつあります。そのため、子育て世帯に向けたサービスは一層充実しています。

産後のお母さんに寄り添う産後ケア事業

はじめての子育てにも心強い「産後ケア事業」が充実しています。
出産や育児では、産後に家族だけで子育てできるか不安になっている方も少なくないでしょう。移住先ともなればなおさらです。

このような産後の不安に手を差し伸べてくれるのが、行政が行っている「産後ケア事業」です。
産後の体調変化や育児知識を出産前に習得することや、出産後には育児不安の軽減のために育児サポートも行います。

「訪問型」では、助産婦による乳房ケアや授乳指導、育児相談など、「通所型」では、お母さんと乳児の健康状態チェックや沐浴指導などを実施します。
はじめての出産はもちろんのこと、出産経験があるお母さんも複数の育児を行うのは負担が伴います。お母さんも乳児も心身ともに健やかに過ごせるための手厚い支援です。

なお、産後ケアの利用は訪問、通所、宿泊型を合わせて5回まで、下記のような自己負担があります。また、利用は1歳になる前日までとなっています。

【自己負担額】

訪問型1,000円
通所型2,000円
宿泊型5,000円(1泊2日)

※生活保護受給者、市民税非課税世帯の場合は自己負担額が免除になります。

のびのび遊べる公園がたくさん!

市民の憩いの場として親しまれているのが「絹の台桜公園」です。住宅街にありながらも広い敷地にたくさんの桜が植えられて、桜の季節はお花見スポットとしても有名です。
芝生エリアも広く、天気の良い日はレジャーシートを広げてピクニック気分も味わえます。

駅周辺の陽光台エリア、北西部の富士見ケ丘エリア、紫峰ケ丘エリアに大小あわせて14ケ所もの公園があるのが「みらい平地区」です。
代表的なのは「みらいの森公園」「みらい平さくら公園」「みらい平どんぐり公園」などです。それぞれ芝生や遊具などが充実し、広い敷地で自由にのびのび遊ぶことができます。

少し変わったアスレチック遊具がある「福岡堰さくら公園」は、関東三大堰のひとつ福岡堰の近くにあります。
樹木や芝生など緑がいっぱいの景観と、小さな子どもでも入れる水の遊び場がポイントです。子どもの想像力を掻き立てるおしゃれな遊具やオブジェなど魅力いっぱいの公園です。

市の東部地区には、温泉施設もある「きらくやまふれあいの丘」があります。テニスコートや野外ステージなどがあり、イベントも数多く開催されています。
11月過ぎにライトアップイベントとして「きらくやまイルミネーション」が開催されており、広大な敷地を利用して幻想的な雰囲気を楽しめます。

同じく東部地区に、千葉県柏市に拠点があった「柏乗馬クラブ」が移転してきました。レジャーの一環として訪れる方も多いと聞きます。
本物のサラブレットに触れる機会はそれほど多くありませんから、興味のある方にはおすすめスポットです。

保育園の入所状況

つくばみらい市がある茨城県では、県全体として待機児童数を大幅に減少させています。その中で、つくばみらい市の待機児童の状況は次の通りです(2020年10月)。

 施設・事業者数利用児童数待機児童数
つくばみらい市201,27430

待機児童の数としては、少ないとはいえないかもしれません。まだまだ施設・事業所の数が不足していると考えられます。

しかし、2021年12月現在では、いくつかの保育施設に空きがあります。
0歳児、2歳児の空きはわずかですが、3歳、4歳、5歳には複数人の空きも確認できますので、途中入所も検討できます。

【口コミ情報】つくばみらい市の子育て環境

  • 20代女性
    地域も住民ものどかでのんびりしているのがいいですね。広い公園がたくさんあって、子連れでよく行きます。
    近所に子育て世代の同年代が多いので、子育て中の家族と自然と顔見知りになれて、引越してきても地域の情報交換がしやすいです。
  • 30代女性
    みらいフェスタという夏祭りがあり、地元の商工会青年部が主催していて毎年盛況です。
    ゲストに意外な有名人が来ることもあります。ねばーる君が来た年は子どもが大喜びしていました。花火もあって、盛り上がります。
  • 30代男性
    数年前からみらいマラソンに市民優先枠で参加しています。親子の部で一緒に走るのに、子どもと一緒に練習をするのが、親子の良いコミュニケーションになっています。
    招待選手枠で有名人が来たり、仮装の部で本気のコスプレをする人がいたり。給水所ならぬ給トマト所で採れたての美味しいトマトにかぶりつくのも、毎年の楽しみです。
  • 40代女性
    きらくやまふれあいの丘にあるローラー滑り台は、丘の斜面を活かしたロングコースターで、子どもたちが喜ぶので小さい頃によく通いました。
    芝生広場には本物のSLの機関部が展示されていて、そこで遊んだり、お弁当を食べたりも。お風呂に入れる施設もあって、未就学児は無料だし、一般の銭湯に比べるとぐっと低料金です。
    トレーニング室やテニスコートなども市民は安く利用できるのでありがたいです。
  • 40代男性
    サンタさんを家に呼べるサービスがあって、子どもが小さい頃は毎年お願いしていました。
    そのサンタさんはトナカイのソリではなく、軽トラに乗ってやってくるのですが(笑)、子どもたちはとても楽しみにしていましたよ。

つくばみらい市に家を建てる場合

つくばみらい市に家を建てたいと考えているなら、土地の価格や戸建ての平均的な面積などは気になるでしょう。つくばみらい市住宅情報をご紹介します。

駅前でもまだまだお手頃! 土地の価格

つくばみらい市の平均土地価格は13.9万円/坪です。
近隣の地域と比べて大きく高いというわけではありません。利便性を考慮するとやや高めなのは納得できます。

市町村名平均土地価格
つくばみらい市13.9万円/坪
つくば市12.6万円/坪
守谷市22.2万円/坪
取手市9.9万円/坪
常総市4.9万円/坪

つくばみらい市の土地相場の推移をみてみると、徐々に価格が下がっていることが分かります。
2021年1月は19.2万円でしたが、2021年11月時点で11.9万円と土地取引が少なくなったことが影響しているのか、土地購入にはお得な時期となっています。

ゆったり大きいお家で子育てできる一戸建ての平均面積

宅地としては比較的にお手頃ともいえるつくばみらい市の土地価格ですが、平均的な土地面積では、約110坪(363㎡)ほどといわれます。
これだけ敷地があると、広くゆったりした住まいの計画が立てられます。

夫婦と子どものみの核家族には十分な広さですが、両親も同居する二世帯住宅でもゆとりある住まいづくりができるでしょう。
核家族であれば建物は35坪~45坪ほどが多いですが、二世帯住宅の場合は建て方にもよりますが50坪~60坪程度が多いでしょう。

価格相場比較

つくばみらい市の土地について、どのエリアがどれくらいの価格なのか、ランキングも含めてご紹介します。

【つくばみらい市のエリア別平均地価ランキング】
順位エリア名地価坪単価
ランキング1位みらい平5.7万円/㎡18.9万円/坪
ランキング2位新守谷5.5万円/㎡18.3万円/坪
ランキング3位小絹5.1万円/㎡17万円/坪
ランキング4位みどりの3.4万円/㎡11.3万円/坪
【つくばみらい市の地価比較】
地番地価坪単価
陽光台1丁目11万円/㎡36.3万円/坪
絹の台3丁目7.5万円/㎡25万円/坪
小絹字東上宿2.7万円/㎡9.1万円/坪
福岡字逆瀬川2.2万円/㎡7.4万円/坪

中心部は土地価格も高めではありますが、駅周辺でも価格が高騰するということもなく、落ち着いています。
住宅用地を求めるなら、土地価格がお得な場所も魅力的ですが、その分、利便性が期待できなくなるということも想定しておく必要があります。

まとめ

今回は、つくばみらい市について、街のエリア情報として人口や交通の利便性、子育て行政サービス、家を建てるときの土地の価格目安などについてご紹介しました。

都心と隣り合っていなくとも、電車で移動すれば非常に近く、車の移動時でも効率的です。
産後ケアなど子育てでは、特徴のある手厚いサービスがたくさんありました。子どもを持つ家庭が移住する際にも心強いことでしょう。
土地価格もお手頃で、家づくりの総合的な予算の中で土地費用として負担を減らすこともできるため、ぜひ検討しておきたいエリアです。

都心からの移住の場合は、通勤時間などについても事前にシミュレーションしてから進めるようにしましょう。

コメント
 

現在クチコミはありません。クチコミお待ちしております。

コメントする

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

CAPTCHA